学校の情報を集める

学校の基礎を学びたい

学校での携帯電話の扱いについて

学校によっては携帯電話の扱いを制限しているところもあります。特に私立では持ち込みが禁止されているところもあるのですが、震災の関係から家庭との連絡を取ることができるようにするためにも少しずつ緩和される傾向にあるのも事実です。学校内では使用を禁止して電源を切っておくなどの指導をしているところもありますし、さらには休み時間などでもメールやライン、ゲームなどをしないようにさせるところがある一方で、高校などでは自己責任のもと、あまり制限をしないところもあったりするのです。今は携帯も欠かせないものになっているのです。

携帯を持参しない規定は理に適う

持ち込ませない確固たる根拠が曖昧なために、携帯にまつわる生徒と教職員の間の認識の隔たりが解消されていません。結論を急ぐならば、学力を向上させたり人間関係を構築する過程で欠かせない道具ではないからです。学校に滞在している間は教職員が集う部屋に設置されている電話を使えば、緊急的な用事を外部に伝えられます。携帯を使わずして目的が達成できるので、生徒には無用と考えられます。理に適っているものの、頑なに学校が制限を設けてしまえば双方の信頼関係に亀裂が生じかねません。順を追って解説すれば、持ち込みたくて仕方がない生徒の理解を促進します。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校の基礎を学びたい. All rights reserved.